能代 吟醸 縄文①

風土のイメージを表した銘柄で、フルーティーな香りと淡麗でやや辛口な飲み口が特徴です。

フレッシュな飲み口でバランスが良く、後味もスッキリした、キレの良いお酒です。

日本酒をあまり飲んだことがない初心者の方の入門酒として最高だと思います。

使用米 華吹雪(トンネル貯蔵・低温熟成酒)
精米歩合 55%
日本酒度 +2
酸度 1.5
価格
1.8L
3,000円(税抜)

能代 純吟 喜三郎の酒②

 

明治時代、喜久水酒造は「平沢喜三郎商店」といい、「喜三郎の酒」で人々に親しまれていました。

当時の味を再現した伝統の地酒は蔵元一番人気。原料米・華吹雪は能代の契約農家が栽培した品質の良いものだけを使っています。

ふるさと能代の米と、ふるさとの水で仕込んだ本物の地酒です。地元で愛されています。

使用米 華吹雪
精米歩合 55%
日本酒度 ±0
酸度 1.7
価格
1.8L
4,000円(税抜)