上喜元 純米大吟醸 愛山50

1949年兵庫県にて、現代における酒米の父「山田錦」と酒米の母「雄町」、 2つの血を受け継ぎ生まれた酒造好適米です。

愛山は心白が山田錦と同等かそれ以上に大きい反面、非常に柔らかく溶けやすい性質を持ち、醸造には大変気を使います。

一口飲めばやさしく染み渡るふくらみ、酸が締めくくり爽やかに終わり余韻だけが残る、まさに至福の一滴といえます。

※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

使用米 愛山
精米歩合 50%
日本酒度 +2
酸度 1.3
価格
1.8L
4,400円(税込)